1. 危険防止のために

空気圧充填

警告

  • エアコンプレッサ-の調節弁は、タイヤ破裂の危険があるので、タイヤの使用空気圧に応じ、次表により正しく調整してください。

危険

  • タイヤに空気を充填する作業を行うときは、破裂の危険を避けるためタイヤを安全囲いに入れるなど安全措置をしてください。

警告

  • 農業機械用タイヤの組み立て時のビードシーティング圧は、最大250kpa(2.5kgf/cm2/bar)としこれを超える圧は注入しないでください。ビードシーティングとは、タイヤ組み立て時に、タイヤの両側のビードがリムのビードシート部に周上均等に乗った状態をいいます。タイヤサイドウォール部に表示してあります。

タイヤの傷

危険

  • タイヤに異物( 釘、ボルト、ガラス等) が刺さった場合、または溝に石、その他、異物をかんだ場合は取り除いてください。傷がタイヤ内部のコード( 繊維、スチールコード) に達しているタイヤは使用しないでください。修理の可否については専門店にご確認ください。

2. 安全維持・性能維持のために

タイヤ選択時の注意

警告

  • 機械メーカーが承認した標準タイヤ又はオプションタイヤを使用してください。
  • 種類、構造、サイズの異なるタイヤを同一軸に混用しないでください。( 例:バイアスタイヤとラジアルタイヤの混用も不可)

チューブの選定

  • 新品タイヤには、タイヤサイズ、構造に適した同一銘柄の新品チューブをご使用ください。
  • 傷、割れ、シワ、成長等の生じたチューブは、パンクなどの故障の原因になりますので、使用しないでください。

ホイールの選定

警告

  • ホイールは、タイヤサイズに適したものを使用し、ホイールに亀裂、変形、著しい腐食のあるもの、溶接や手直しをしたものは使用しないでください。

摩耗限度

警告

  • すり減ったタイヤは、運動性能が低下したり、軟弱地や濡れた路面でスリップしやすくなるなど性能が劣化します。新品タイヤとお取り換えください。

走行速度の注意

警告

  • 急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けてください。特に、湿潤地、傾斜地、積雪路は滑りやすく、事故になる恐れがあるため急カーブでは減速するなど、使用状況に応じた適切な運転をしてください。
  • 走行中に車輌が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、速やかに安全な場所に停車して、車輌及びタイヤを点検してください。外観上、異常がなくても、早期に販売店へ点検を依頼してください。

保管上の注意

  • タイヤの性能が劣化しますので、水分、油類、日光、オゾンに長時間さらす保管は避けてください。また、ストーブ等の熱源からも避けてください。
  • タイヤ内面に水、小石、砂、金属片、木片などの異物が入らないようにしてください。万一入った場合は、タイヤの故障の原因となりますのですぐに取り除いてください。

タイヤ・ホイール装着時の注意

  • チューブレスタイヤはビード周辺のキズなどで空気もれを起こすことがありますので、リム組み時には、必ずタイヤリム組専用の潤滑剤を塗布ください。
  • タイヤ内の異物や水分によりタイヤの機能を損なう場合があります。リム組み前にタイヤ内を点検し、異物や水分を取り除いてください。
  • コンプレッサー内の水もタイヤ内に入ることがありますので、定期的にドレイン抜きをしてください。

空気圧/ 積載に関する注意

警告

  • タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、機械メーカーの指定空気圧に調整してください。空気圧に過不足があると、タイヤが損傷したり、事故につながるおそれがあります。
  • 正しい空気圧を計るためには、タイヤの使用後、最低数時間経過してから測定してください。( タイヤの冷却時間は、外気温や路面の温度で変わります)
  • 過積載、偏積載はしないでください。過積載で使用するとタイヤやホイールが故障したり、事故につながるおそれがあります。

その他の注意

  • オイルやグリース、ガソリン、軽油などが付着すると、ゴムが劣化しますので直ちに洗い落としてください。

危険

  • ホイールの溶接修理は絶対避けてください。特にタイヤをホイールに装着したまま溶接しますと、タイヤが故障したり、発火するなどの危険があります。

警告

  • リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷したり、事故になるおそれがあるので、使用しないでください。
  • 瞬間パンク修理剤又はタイヤのつやだし剤等で、タイヤに劣化等有害な影響を及ぼすものは使用しないでください。

使用上の注意

  • 毎日始業点検を行い、空気圧、摩耗状況、外傷、故障の有無をチェックしてください。タイヤに外傷、故障がある場合には、事故になるおそれがありますので、使用できるか否かタイヤ専門店にご相談ください。

長期経過タイヤの点検/ 交換

  • タイヤは車両の安全にとって重要な役割を担っています。一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法( 荷重、速度、空気圧) などに左右されますので、点検が必要です。従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。また、外観上使用可能のように見えたとしても( 溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も) 製造後10 年※経過したタイヤ( 含むスペアタイヤ) は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。尚、車両メーカーがその車両の特性からタイヤの点検や交換次期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。

    《注:ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期間( すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期) を示すものではありません。従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、この10年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨めの時期である使用開始後5 年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものではありません》

3. その他の注意

  • 使用済みタイヤは、不法投棄せず、専門業者に依頼するなど、必ず適切な方法で処分してください。
  • 使用済みタイヤを処理するのには費用がかかっております。
  • 当カタログに掲載されている構造、仕様などは予告なく変更する場合があります。
  • 当カタログに記載されているタイヤ外径と総幅サイズは、予告なく変更する場合があります。

    その他、商品の適正な使用方法については、弊社ウェブサイトをご参照ください。