タイヤはどのように作られているか?

ラジアルタイヤの構造

ラジアルタイヤ 各部の名称

インナーライナー:

タイヤの空気を漏れにくくし空気圧を保つ役割を果たすゴム。

カーカスプライ:

タイヤ骨格を形成する繊維状のコード。ポリエステル、レーヨンなどの素材がよく使われています。主にタイヤの強度を決定する重要な部分。

エッジクッション

ビード部:

タイヤ内部の空気を保持するためのビードソールゴム、タイヤをホイールのリムにしっかり固定するためのビードワイヤー、タイヤの剛性を保持するためのビードフィラーゴムから形成される部分。

サイドウォール部:

タイヤのカーカスプライを外傷から保護する部分。タイヤサイズや、メーカー名などのタイヤに関する情報を表示する部分。

スチールベルト:

タイヤのトレッド部に剛性をあたえ、曲がる力・止まる力・駆動する力を発生させると共に路面からの衝撃を吸収する部分。また、スピードに対する遠心力に耐える働きを持っている。

キャッププライ:

タイヤの高速耐久性を確保するための繊維状のコード。ナイロン系の素材が良く使用されています。

グルーブ

トレッド部:

路面と接するゴムの部分。ゴムのグリップ力で曲がる力・止まる力・駆動力を路面に伝える役割を持つ。表面には雨の日の排水を促す溝が刻まれています。