■予選:9月9日/決勝:9月10日
■開催地:ミザノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェッリ(イタリア)

雨でも光ったミシュランの高性能とその持続性
マルク・マルケスが今季4勝目をさらう

MotoGP第13戦サンマリノGPの日曜日は冷たい降雨に見舞われ、28周の決勝レースはウェットコンディションのもとでの開催となりました。その7周目以降はドゥカティのサテライトチームであるプラマック・レーシングから出場のダニロ・ペトルッチがトップを走りましたが、彼をホンダのマルク・マルケスが最終ラップにおいてかわして優勝。今季4勝目を飾りました。なお、マルケスは最終ラップに今回のレースの最速ラップを叩き出し、レース終盤に至っても高いパフォーマンスを発揮し続けるミシュランのレーシングレインタイヤの能力の高さを端的に示しました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。