■予選:9月23日/決勝:9月24日
■開催地:モーターランド・アラゴン(スペイン)

マルケス5勝目で単独ポイントリーダーに
骨折から3週間で復帰のロッシは5位に

MotoGP第14戦アラゴンGPはホンダのマルク・マルケスが優勝。今季5勝目を挙げ、ライダー選手権のポイントランキングでも再び単独首位に立ちました。2位にはチームメイトのダニ・ペドロサが続き、ホンダワークスが今季2度目の1-2フィニッシュを達成。そしてドゥカティのホルヘ・ロレンソが3位に入って今季2度目の表彰台に上りました。また、8月末に右足を複雑骨折する重傷を負ったヤマハのバレンティーノ・ロッシが今大会でレースに復帰。歩くのにステッキが必要な状態にもかかわらず、予選では3位・フロントロウを奪うと、決勝レースは5位でフィニッシュして、その実力と衰えぬファイティングスピリットを示しました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。