■予選:10月14日/決勝:10月15日
■開催地:富士スピードウェイ(日本)
■レース時間:6時間

雨と霧に見舞われた富士決戦 トヨタが母国ラウンドで1-2フィニッシュ

富士スピードウェイで開催されたWEC第7戦は濃い霧によって決勝レースが2度も中断され、最後は赤旗によってレースが中断されたままの状態で終了を迎えました。そんな中、トヨタ勢がウェットコンディションのもとで力強い走りを見せ、セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴のトリオが駆るNo.8 トヨタ TS050ハイブリッドが優勝。チームメイトのNo.7 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組が2位に続いて、トヨタが母国ラウンドで1-2フィニッシュを飾る結果となりました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。