■予選:11月17日/決勝:11月18日
■開催地:バーレーン・インターナショナル・サーキット(バーレーン)
■レース時間:6時間

LMP1最後の戦いでポルシェ勢は不運に泣き
二強激突最終決戦はNo.8 トヨタが制す

今大会を最後にLMP1クラスから撤退するポルシェとトヨタの二強が激突する最後の一戦として行われた2017年シーズンの最終戦バーレーン6時間は、スピードと安定感を高次元で両立させた見事な戦いぶりを見せたNo.8 トヨタ TS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴)が今季5勝目を挙げました。世界耐久LMP(プロトタイプカテゴリー)ドライバー選手権とLMP1マニュファクチャラー選手権の両タイトルの獲得を前戦で決めているポルシェは、今大会ではアクシデント等がたたって勝利に手を届かせることはできませんでしたが、2台のクルーを表彰台に立たせて最後の一戦を終えました。

GTマシンの上位クラスであるLMGTE Proクラスでは、フェラーリのオフィシャルチームであるAFコルセのNo.71 フェラーリ 488 GTE(ダビデ・リゴン/サム・バード)が優勝。2位にチームメイトのNo.51 フェラーリ 488 GTEが入り、同車をシーズンを通して駆ったジェームス・カラードとアレッサンドロ・ピエール・グイディのふたりがGTドライバー選手権のチャンピオンに輝きました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。