■8月17日〜20日
■開催国:ドイツ
■ステージ路面:アスファルト(一部コンクリート)

ミシュランのフルウェットが威力を発揮
オット・タナクがキャリア2勝目を飾る

WRCでは今季2戦目の全面舗装路イベントとして開催されたラリー・ドイツは、デイ2の午後が大雨に見舞われ、ここで初めて実戦使用の機会を得たヘビーウェット専用の舗装路用タイヤ『ミシュラン パイロットスポーツ FW3』が高いパフォーマンスを発揮しました。そしてMスポーツ・フォードのオット・タナク(フォード・フィエスタ WRC)がこのタイヤを使用した各スペシャルステージにおいて好タイムを連発してラリーをリード。ドライコンディションで行われたデイ3以降もタナクは快走を続け、WRC通算2勝目、そして舗装路イベントではキャリア初の勝利を飾りました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。