■4月27日〜30日
■開催国:アルゼンチン
■ステージ路面:グラベル

その差 0.7秒! ティエリー・ヌービルが
最終ステージで逆転し2連勝を飾る

秋を迎えた南米アルゼンチンで開催されたWRC第5戦は優勝候補が次々とアクシデントに見舞われていく荒れた展開となりました。その中で、ラリー序盤のうちにサスペンションダンパーのトラブルや外的な要因によるタイヤのパンクに見舞われて遅れを取ったヒュンダイのティエリー・ヌービルが猛烈な追い上げを実らせ、Mスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスを最終ステージで逆転。0.7秒という僅差で優勝をもぎ取り、前戦ツール・ド・コルスに続いての2連勝を飾りました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。