■6月30日〜7月2日
■開催国:ポーランド
■ステージ路面:グラベル(一部アスファルト)

2連勝を狙って猛攻のタナクは無念のクラッシュ
ヌービルが難コンディションのポーランドを制す

WRC第8戦ラリー・ポーランドは雨がちの不安定な天候のもとでの開催となり、WRC屈指の高速戦が非常に滑りやすい路面条件のもとで展開されることになりました。ラリー最終日を迎えた段階で優勝争いはヒュンダイのティエリー・ヌービルとMスポーツ・フォードのオット・タナクのふたりに絞られましたが、難しいコンディションにも臆せず攻撃的なドライビングで挑んだタナクが無念のクラッシュを喫してリタイアとなり、走行条件に左右されない速さを安定的に発揮したヌービルが今季3勝目を飾りました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。