■10月26日〜29日
■開催国:イギリス
■ステージ路面:グラベル

セバスチャン・オジェが5年連続王座を獲得 Mスポーツがメーカー選手権の頂点に

WRC第12戦ラリー・グレートブリテンがイギリスはウェールズ州のグラベルロードを舞台に開催され、地元ウェールズ出身でトップドライバーの中ではただひとりDMACK社のタイヤを履くMスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスがWRC初優勝を飾りました。そして、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが2位、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェが3位でフィニッシュ。この結果、オジェと彼のコ・ドライバーであるジュリアン・イングラシアの5年連続となるドライバー/コ・ドライバーの両タイトル獲得が決定。また、彼らが所属するMスポーツ・フォード(※選手権登録名は「Mスポーツ・ワールドラリーチーム」)のマニュファクチャラーズタイトル獲得も決まりました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。