モビリティの発展のために125年

相反する性能特性をうまく組み合わせるためには、タイヤについての深い知識と最先端のタイヤ技術が必要です。ミシュランのノウハウはユーザーにメリットをもたらします。

イノベーションはミシュランにとって第2の天性

複雑なタイヤ製造プロセスの各工程を強化します。

- 基本的なコンポーネントを準備しながら、既存材料を使用するだけで満足せず独自の素材を開発します。
- タイヤを製造し試験するために、しばしば独自の設備を開発します。

ミシュランは各工程を、ユーザーにとってより良いタイヤを提供する機会と捉えています。
そしてそのようなチャンスを逃しません。

常により良い製品を提供します。

お客様の運転ニーズのための新しいソリューションの発見に焦点を当てることで、ミシュランの技術やイノベーションが過去と現在のタイヤづくりに大きく貢献してきました。
今日、私たちは将来のモビリティの創造に引き続き尽力していきます。

1895

1913

研究開発は、私たちのDNAです

1893年、ミシュランは初めて科学者を採用しました。
影響は絶大で、その時点から研究開発が、現代タイヤの進化の鍵となることを悟りました。
今日では6600人が研究&開発に従事し、化学、物理学、新技術のリサーチや試作品のテストを行い、ユーザーの変化するモビリティのニーズを常に満たすべく努めています。
私たちのハブは3大陸の7ヶ国に配置されています。
中国、フランス、日本、スペイン、スイス、タイ、米国です。

数字で見る当社の取り組み:

関連する専門知識の異なるフィールド
(共同思考は、革新的なアイデアの火付け役となります)

イノベーションを保護する有効な特許

毎年出願される特許

当社の路上やマシンテストを通じて年間に地球を周回する回数 - 12分に1回です!

レーススピードでの実験・開発

モータースポーツは、最も厳しいイノベーションの実験です。ミシュランはその中で一世紀以上にわたって実験を行ってきました。

とても大きなプレッシャーがかかります。
各レースでミシュランは異なるレース条件向けに、各レースのパートナーに適した性能特性を提供する必要があります。
その後、テスト結果がより多くの人々に利益をもたらすことができるかどうかを検討します。
ですから、レース場で対処できるのであれば、一般ユーザーの運転に対処できると確信することができます。

ル・マン 24時間レース:

  • 90年の経験

  • ル・マン24時間レースで23勝

  • 連続17勝

ラリー選手権:

  • 40年の経験

  • 世界ラリー選手権ドライバーのタイトル21個

  • 世界ラリー選手権自動車メーカーのタイトル23個

フォーミュラE レース:

2014年に開始。新しいタイプのトップレベルのレーシングタイヤの開発で電気自動車の新フォーミュラEに取り組んでいます。

モータースポーツによって鍛えられた技術によって、ミシュランハイパフォーマンスタイヤは開発されています。

  • Michelin

    PILOT SUPER SPORT

    過酷なレースから生まれた、走る悦びの最高峰。

  • Michelin

    PILOT SPORT CUP 2

    レースを極めたミシュランの最新技術、公道も走れるサーキットタイヤ。

  • Michelin

    PILOT SPORT 3

    毎日のドライブを楽しめる超グリップと精密性能