情熱、人間性、そして責任

単なる環境に優しいタイヤを超えて、当社のすべての側面がグローバルな持続可能性計画で測定されます。

持続可能性は精通している分野

持続可能性についての基準が業界に課せられる以前から当社は
持続可能性の重要性を認識していました。

すでに1946年にラジアルタイヤ(現在最も一般的なタイヤ)の導入により
タイヤの回転抵抗を30%低減させました。

1992年、シリカ技術の追加により回転抵抗をさらに20%低減し、タイヤの寿命を延ばし、燃費を向上させました。
転がり抵抗とは?
製品に固有なものであるため、回転抵抗はタイヤメーカーにとって大きな問題です。
回転する物体は摩擦を生み、そのため、エンジンは出力を上げる必要に迫られます。
タイヤの品質は、その摩擦力に対する燃料効率を決定します。

2012年、MICHELIN ENERGYTM EVは、その自主性を高めるために電気自動車として発売されました。
現在ミシュランは第5世代目のグリーンタイヤの開発に取り組んでいます。
少なくとも2%の燃費向上を目指しており、​​世代が変るたびにCO2排出量の削減を実現してきました。

 

循環社会への取り組み

クリーンエネルギー

当社の施設はエネルギー使用量を減らすべく監視・最適化されています。
一部の施設は、空気の質を維持し、エネルギーを得るためにソーラーパネルや風力発電、現地の代替方法を採用しています。

リサイクル

中古タイヤは、エネルギーまたは原料として100%回収することができます。
充填材、防音壁、鉄道の枕木、排水ソリューション、スポーツフィールドと遊び場のための合成表面として再利用されています。
現在、寿命終末期のタイヤはヨーロッパでは95%、ブラジルでは97%回収されています。

天然ゴムの再生

当社はゴム(パラゴムノキ)の木栽培の持続可能性を確保するため、再植林プログラムを実施しています。 天然ゴムの品質を向上させ、パラゴムノキの病気と闘うため生物学的および農業研究を実施しています。

生物多様性

ブラジルのバイーア州にある2700エーカーを超えるゴム農園は、森林の動植物を保護するために完全に手つかずのまま自然が保たれています。

いくつかの重要な統計情報

  • 2012年、1万7649日に及ぶ当社社員の就業時間が地域社会への貢献に充てられました。

  • 2005年以来、ミシュランは当社施設からの排出量への影響を33%削減しました。

  • 過去20年間で16兆リットルの燃料節約に貢献しました。

  • 過去20年間で400億トンのCO2の排出を抑えました。2.

  • ゴムの木の栽培は年間3000万人に生活を提供しています。

ミシュランは共に取り組んでいます。

私たちが協力すれば、さらに創造的なソリューションが発見できるでしょう。

The Michelin Challenge Bibendum

15年以上前に当社は、The Michelin Challenge Bibendumを生み出しました。 今では、持続可能なモビリティ、政治、業界、科学、およびメディアの代表者を結集し、持続可能なモビリティに関する議論を行う世界サミットに発展しました。 留学生は、ブレインストーミングで良いモビリティのために、新鮮な素晴らしいアイデアを生み出します。そして意思決定者やオピニオンリーダーが、これらのアイデアを次のレベルに進めます。 これはほんの始まりにすぎません。

MICHELIN Total Performance Award

この賞は、パフォーマンスと持続可能なモビリティの両方のイノベーションに焦点を当てた新しいコンペティションです。 ミシュランは、これを2014年のル・マン24時間で導入します。性能、寿命とエネルギー効率における厳格な基準を満たした最初のチームに授与されます。 独立学術機関による持続可能なモビリティの研究のために、100万ユーロが投資されます。

フォーミュラE

ミシュランは、レースという最も困難な技術環境において、持続可能で高性能の電気自動車技術の開発を促進するための新しいフォーミュラE選手権の、公式タイヤ・サプライヤーです。

どのように進化し続けるのか?

ミシュランは新しい持続可能な開発プロジェクトに取り組んでいます。
モビリティ産業における持続可能性のリーダーであり、これからもリーダーとして行動していきます。
ミシュランは現在および将来において人々のモビリティを向上させるために尽力しています。

持続可能性にはイノベーションが必要です。

イノベーションは、タイヤづくりへの取り組みの中心にあります。 それは、より持続可能な世界のためのアイデアを可能にします。

適正な空気圧は環境にやさしい

タイヤの空気圧不足により、燃料を多く消費してしまうことをご存知でしたか? タイヤの空気圧は月に一度チェックしてください。