■予選:5月19日/決勝:5月20日
■開催地:ル・マン・ブガッティ・サーキット(フランス)

マルク・マルケスが3連勝をマーク
予選では9名が従来レコードを更新

ミシュランがMotoGPの公式タイヤサプライヤーとして迎えた3度目の母国グランプリである2018年フランスGPが開催され、ホンダのマルク・マルケスが3戦連続となる勝利を飾ってシリーズポイントのリードを大きく広げました。また、予選においては9名ものライダーが従来のコースレコードを更新。従来記録は、ブリヂストンタイヤのワンメイクのもと、電子制御システムのより自由な開発が可能であったマシンで行われていた2015年大会で記録されたものでしたが、それが今回大きく塗り替えられ、マシンの進化とともにミシュランMotoGP公式タイヤのハイパフォーマンスが印象づけられました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。

Racecard