■予選:6月13日〜14日/決勝:6月16日〜17日
■開催地:ル・マン24時間サーキット(フランス)
■レース時間:24時間

トヨタ、1-2フィニッシュで
同社初のル・マン総合優勝を飾る

第86回ル・マン24時間レースがWEC 2018-2019年シーズンの第2戦として開催され、出場全車がミシュランタイヤを使用したトップカテゴリーのLMP1クラスでは、同クラスにシリーズ参戦する唯一の自動車メーカーチームであるTOYOTA GAZOO RacingのNo.8 トヨタ TS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝。同レースに通算20回目の挑戦を行ったトヨタが同社初のル・マン24時間総合優勝を飾りました。2位にはNo.7 トヨタ TS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ‐マリア・ロペス)が入り、トヨタ勢の1-2フィニッシュとなりました。また、自動車メーカー直系チームが多数参戦するLMGTE Proクラスは、ポルシェ 911 RSRの4台体制で出場したポルシェGTチームが1-2フィニッシュで制しました。

 

画像をクリックすると詳細レポートをご覧いただけます。

Racecard